麻生太郎の娘・麻生彩子の旦那が皇族で怪しい噂アリ!

政治家の麻生太郎氏には、麻生彩子さん」という娘がいます。

麻生彩子さんはフランス人男性と結婚していて、旦那さんはロスチャイルドの関係者という噂があるようです。

麻生彩子さんとその旦那さんについて、どのような方なのか調べてみました。

プロフィール


出典 https://twitter.com/

麻生彩子さんについて、分かっている情報をまとめました。

・1988年生まれ(2022年時点で34歳)
・聖心女子学院 卒業
・東京大学文学部 卒業
・大学卒業後、イギリスへ留学
・美術品を扱う会社に就職
・2014年頃にフランス人男性と結婚

 

華々しい経歴の持ち主であることがわかりますね。

また、物おじしない性格でもあるそうです。

 

職業はモデルという噂もありますが、これは大学時代にファッションショーの助っ人として単発でモデルをしただけのようです。

助っ人とはいえモデルを任されたということは、周囲からの信頼があり、服を綺麗に着こなすスタイルと、舞台に立つ度胸を兼ね備えていたということでしょう。

まさに才色兼備であったと言えますね。

 

本人の可能性が高い画像について

麻生彩子さんとして公表されている写真はありませんが、麻生彩子さん本人の可能性が高い画像がこちらです。


出典 https://twitter.com/

左に写っている女性が麻生彩子さんと思われます。

右に写っている女性は麻生彩子さんの母・麻生ちか子さん(麻生太郎氏の妻)です。

親子で写っていると思われるので、かなり信憑性が高いと言えるのではないでしょうか。

 

他にも、麻生彩子さんと思われる画像が見つかりました。


出典 https://twitter.com/

先ほど紹介した麻生彩子さんと思われる写真の女性は伏目がちに写っていましたが、この写真の女性もショートカットで眉と鼻が似ています。

女性が上着を羽織っているので、寒い時期に撮影されたことがわかりますね。

 

実は麻生彩子さんと旦那さんは、2014年1月中旬にパリで結婚披露宴を行っているのです。

女性が花束を持っていたり、白いワンピース姿であることから、披露宴やパーティーの後に撮影している可能性も考えられます。

2人とも幸せそうでとても素敵な写真ですね。

 

美術品を扱う仕事をしていた

麻生彩子さんは東京大学文学部で美術を学んでいました。

その後、イギリス留学を経て、美術品のオークションを手がける会社に勤めます。

美術品のオークションに携わっていたとなると、資産家と関わる機会も多いでしょう。

オークション関係で旦那さんと知り合った可能性が高いです。

 

 

旦那がロスチャイルドの関係者という噂


出典 https://twitter.com/

麻生彩子さんの旦那さんはフランス人のフレデリック・デホン氏であると言われています。

ロスチャイルドのフランス分家のフレデリック・デホン氏はデホングループ傘下の「ヴェオリア」の御曹司の可能性が高いです。

 

ロスチャイルド家は18世紀から続く家系で、19世紀には世界最大の金融財閥です。

現在では金融だけでなく、水道などのインフラやエネルギー事業、農業やワイン醸造など幅広い分野に携わっています。

ロスチャイルド家は、ヨーロッパのみならず世界中に影響力を持つ存在として知られているのです。

真偽のほどは定かでありませんが、日本の皇室とも関係があるという噂もあります。

 

また、麻生彩子さんの旦那さんについても、はっきりと公表されているわけではありません。

しかし、元内閣総理大臣の娘なので、ロスチャイルド一族の結婚相手に選ばれても不思議ではないでしょう。

 

日本の水道民営化に関係している可能性アリ

2018年の水道法改正による水道民営化に、フレデリック・デホン氏が幹部役員を務めているとされている「ヴェオリア」が大きく関わっているという情報があるのです。

ヴェオリアグループの水処理事業部門に「ヴェオリア・ウォーター」という会社があります。

ヴェオリア・ウォーターはフランス国内だけでなく、さまざまな国において水道事業の運営を請け負ってきました。

 

麻生太郎氏は、娘の麻生彩子さんの結婚前の2013年4月に、「日本の水道はすべて民営化する」と発言しています。

その後、大阪市をはじめとした全国の市町村の水道検針に「ヴェオリア・ジェネッツ株式会社」という企業が参入したのです。

ヴェオリア・ジェネッツ株式会社は、日本におけるヴェオリアグループの関連企業です。

タイミングが少し引っかかりますね。

 

水道事業の民営化は、2022年4月の宮城県を皮切りにスタートします。

宮城県は株式会社みずむすびマネジメントみやぎという会社と20年間の契約を締結しています。

なんと、その会社の株主の中にヴェオリア・ジェネッツ株式会社があったのです。

 株式会社みずむすびマネジメントみやぎ(本社:宮城県仙台市青葉区、社長:酒井 雅史)は、宮城県上工下水一体官民連携運営事業(みやぎ型管理運営方式、以下「本事業」)*1に関連し、12月6日、宮城県と実施契約を締結しました。

本事業は、宮城県が保有する水道用水供給事業、工業用水道事業および流域下水道事業の施設等の運営を20年間にわたり民間事業者が担うものです。

今後、株式会社みずむすびマネジメントみやぎ、および維持管理会社である株式会社みずむすびサービスみやぎと株主企業(メタウォーター株式会社、ヴェオリア・ジェネッツ株式会社、オリックス株式会社、株式会社日立製作所、株式会社日水コン、株式会社橋本店、株式会社復建技術コンサルタント、産電工業株式会社、東急建設株式会社、メタウォーターサービス株式会社)は、2022年4月の事業開始に向けて、全社で協力して準備を進めていきます。
出典 https://www.veolia.jp/

以上から、麻生彩子さんの旦那さんの会社が水道民営化に関わっている可能性があると言えるでしょう。

 

 

世間の声


出典 https://twitter.com/

 


出典 https://twitter.com/

 


出典 https://twitter.com/

 

まとめ

麻生太郎氏の娘である麻生彩子さんと、その旦那さんと言われるフレデリック・デホン氏について調査しました。

麻生彩子さん
・東京大学を卒業後、イギリスに留学
・美術品のオークションを手がける会社に就職
・2014年にフランス人男性と結婚
・旦那さんはフレデリック・デホン氏と言われている

フレデリック・デホン氏
・ロスチャイルド家のフランス分家の一族
・デホングループ傘下のヴェオリアの幹部役員と言われている
・ヴェオリアは日本の水道民営化に関わっている可能性がある

 

あまり結婚と政治を絡めたくはないのですが、水道民営化の流れとタイミングが被っているところがいくつかありました。

美術品を通して知り合った2人が、偶然にも総理大臣の娘とロスチャイルド家の息子であったならロマンチックですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.