雅子様の若い頃はヤバいほど才色兼備!ハーバード大学卒だった!

時代が平成から令和へと切り替わり、今上天皇と今上皇后が即位されました。

新しい時代にふさわしい、凛としたお姿の徳仁さまと美しい雅子さま。

今回は皇室に嫁がれて人生が180度変わった、雅子さまについて迫っていきたいと思います。

プロフィール


出典:https://www.instagram.com

  • 旧姓:小和田雅子
  • 生年月日:1963年12月9日
  • 出身地:東京都世田谷区
  • 日本の第126代天皇徳仁の皇后
  • お印:ハマナス

 

美知子上皇后様に引き続き、民間から皇室に嫁がれた雅子さま。

しかし、ひと口に「民間」と言われましても、その御家柄は素晴らしいものでした。

 

美しすぎる若い頃のお姿

現在でも品格に満ちたお美しい雅子さまですが、若い頃はその聡明さと美しさが更に際立っていました。

頭がよくてスポーツ万能、さらに努力家で活動的。

容姿以外にも完璧な雅子さまのお姿を追ってみました。

 

上流階級の子供として誕生

雅子さまは1963年12月9日、父・小和田恆(ひさし)さんと母・小和田優美子さん夫妻の長女としてお生まれになりました。

父・小和田恆さんは外交官と東京大学の講師を兼ねており、母・小和田優美子さんはチッソ会長の長女でエールフランスでは秘書の経験もある才女。

外務省職員から外交官、外務大臣秘書官、日本大使館公使などに就任していた父・小和田恆さんの関係で、雅子さまも幼少のころからソ連(現ロシア)、スイス、アメリカなどに移住をされています。

また、雅子さまには3歳年下の双子の姉妹・小和田礼子さんと小和田節子さんがおられ、しっかり者の優しいお姉さんでした。

 


出典:https://search.yahoo.co.jp

雅子さまと双子の姉妹である、礼子さんと節子さん。

幼いころから、ぱっちり二重でとても可愛らしいお嬢様です。

 

雙葉小学校に入学


出典:https://search.yahoo.co.jp

日本に帰国された雅子さまは、小学校3年生のときに田園調布雙葉小学校に編入されます。

この学校は歴史もあり、良家の子が多く通っている名門校。

偏差値も高く、毎年東大合格者も多数いる優秀な学校です。

 

雅子さまは1年間塾に通われ、この難関小学校の合格を見事に勝ち取られました。

幼い頃から優秀で、一生懸命勉強される頑張りやさんだったのでしょうね。

 

超優秀だった高校・大学時代


出典:https://twitter.com

高校2年生の時に、父・小和田恆さんの仕事の関係で再び渡米された雅子さま。

 

ボストンにあるベルモント・ハイスクールへ編入された雅子さまは、そこでも持ち前の努力とガッツで言葉の壁も越えて最優等学生に選ばれています。

さらにアメリカ政府が国の上位わずか5%の学生にだけ与える「ナショナル・オーナー・ソサイアティー」を受賞。

海外生活が長かった雅子さまは語学力も素晴らしかったようで、英語以外にもドイツ語フランス語、ロシア語スペイン語なども話せるそうです。

 

そしてそのまま世界的な難関大学として有名なハーバード大学経済学部へと進学されました。

アメリカの大学は入学よりも卒業が難しいと言われるなか、雅子さまは成績優秀な一握りの学生だけに与えられる「マグナ・クム・ラウデ優等賞」を受賞されています。

この賞は、仲間からも「ハードワーカー」と呼ばれるほど学業に熱心だった雅子さまにふさわしい最高の名誉なのです。

 

 

スーパールーキーとして外務省に入省


出典:http://search.yahoo.co.jp

日本に帰国された雅子さまは、そのまま東京大学法学部に外部学士入学をされました。

この頃から父親と同じ「外交官」になる夢を抱いていらっしゃった雅子さまは、当時の友人たちに「世界的な視野で日本のために尽くしたい」と語られていたそうです。

 

そして東京大学在学中に倍率40倍の外交官試験に合格。

国家公務員試験のなかでも飛び抜けて難関な外交官試験を一回で合格された雅子さまが、どれだけ優秀でおられたか分かりますよね。

さらに、この当時は外務省の中で初の女性キャリア官僚だった雅子さま。

お妃様候補で有名になる前から、すでに永田町界隈では有名人だったのです。

 

写真週刊誌では、外交官に『清原級』ルーキー ハーバード出身小和田雅子さんの完全無欠」という記事が書かれ、雅子さまのインタビュー形式での取材になりました。

ちなみに『清原級』とは1986年のプロ野球界を騒然とさせたスーパールーキー清原和博さんのことで、当時の日本では最高の褒め言葉でした。

 

徳仁親王とご結婚


出典:https://www.instagram.com

ようやく掴んだ大きな夢を手に、やりがいのある仕事が楽しくて一生懸命打ち込んでおられた雅子さまの日常が一変します。

輝かしいキャリアを努力で勝ち取り、類いまれな美貌まで与えらた雅子さまに突然降って沸いたのが「皇太子殿下のお妃候補は外交官小和田雅子さんに!」という話です。

 

1986年10月8日、スペインから来日していたエレナ王女を歓迎する皇室主催のお茶会が催されました。

そのときに招待客の1人として招かれていたのが雅子さまだったのです。

軽い挨拶程度に顔を合わせたお二人でしたが、徳仁さまの中で「一目惚れ」の炎が燃え始めた瞬間でした。

 

研修先のイギリスにまで報道陣が追いかけてきて、雅子さまに「皇太子殿下とご結婚なさるのでは?」と出勤途中の雅子さまに問い詰めます。

しかし雅子さまは「私には一切関係ございません」とけんもほろろにお答えになる始末。

徳仁さまの熱い想いはなかなか雅子さまに届きません。

 

そして徳仁さまは研修先のイギリスから帰国した雅子さまに、6年越しの想いを打ち明け結婚の申し込みをされました。

当初雅子さまは「お断りする場合も含めて、きちんとご返事します」と答えられています。

結婚して「皇室」という特別な世界に飛び込むか、念願だった外交官へのキャリアを突き進むか、さぞかし悩まれたにちがいありません。

 

一旦は「自信がございません」という理由でプロポーズをお断りになった雅子さま。

しかし、徳仁さまの熱い想いと優しいお人柄に、ようやく雅子さまは結婚を承諾されました。

 

初めての出会いから6年3ヶ月。

徳仁さまは雅子さまへの一途な想いを貫ぬかれたのです。

 

外交官というキャリアをお捨てになり、皇太子妃になるには相当な覚悟が必要だったと思います。

徳仁さまはそんな雅子さまに「皇室に入るには、色々な不安や心配がおありでしょうけれども、雅子さんのことは僕が一生全力をかけてお守りしますから」と言われたそうです。

心優しい、穏やかな徳仁さまが一生分の想いを込めて語られた愛の誓いが、雅子さまの心に響いたのでしょう。


出典:https://twitter.com

婚約記者会見の雅子さま。

レモンイエローのスーツが、美貌に映えます。

 

愛子さまをご出産


出典:https://twitter.com

婚約会見から8年余り過ぎた2001年12月1日、午後2時43分。

大きな産声が病院中に響きわたり、徳仁さまと雅子さまの間に待望だったお子様が生まれました。

「敬宮愛子さま」のご誕生です。

 

生まれたての愛子さまを愛おしそうに抱かれた雅子さまは、すでに優しく強い母の笑顔に溢れていたそうです。

のちの記者会見で「生まれてきてくれてありがとう」と涙ぐみながら語られた雅子さま。

無事のご出産まで「世間からの重圧」に苦しんでいた様子が見えるお言葉でした。

 

徳仁さまはお世継ぎを期待する世間に対し「コウノトリのご機嫌に任せて」と言われておりました。

風邪をひいて公務を休まれたり、かかとの低い靴を履くたびに「ご懐妊では?」と騒がれる雅子さま。

「お世継ぎが生まれるかしら…」と周囲に不安をもらしていた雅子さまのお姿を見て、徳仁さまが言われました。

「コウノトリは静かな環境を好むようです」

周りの干渉に「驚くほど率直に反発された」と関係者が語っています。

 

徳仁さまは最初の約束通り、重圧から苦しんでいる雅子さまを全力をかけてお守りしていたのです。


出典:https://twitter.com

雅子さまと愛子さまが退院された日の東京・麹町から中継の様子。

全ての店の入り口には「新宮様のご誕生をお慶び申し上げます」の張り紙が貼られ、沿道には多くの国民が祝福のために集まりました。

日本中が愛子さまのご誕生に大喜びしていたのです。

 

 

若い頃と今を比較した結果

若い頃からお美しい雅子さまですが、皇后陛下になられた今でもその美しさと品格はますます磨かれています。

美しく年齢を重ねられた雅子さまとお若かったころを、眉毛にこだわって比較してみました。

 

眉毛・アートメイクの噂

年代ごとに太くなったのでは?と噂される雅子さまの眉毛ですが、「アートメイク?」と言った声が上がっています。

雅子さまの眉毛の変化について見てみました。

 

アートメイクとは皮膚の浅い部分にインクを注入して着色していくメイクの方法です。

針を用いて3層になっている皮膚の真ん中「真皮」を削り、色をつけていきます。

当然通常のメイクとちがって1〜3年ほどは色落ちしたりすることがないので、メイク直しも必要ありません。

 


出典:https://search.yahoo.co.jp

こちらはご成婚前の雅子さま。

バブル景気の頃は太く濃い眉毛が一般的でしたが、平成時代初期になると「アムラーブーム」到来で、歌手の安室奈美恵さんを真似た細い眉毛が流行しました。

雅子さまも流行に敏感な若い女性らしく、ご自身によく似合っている細眉メイクをされています。

 


出典:https://search.yahoo.co.jp

こちらは皇太子妃時代の雅子さま。

平成時代も中盤になると、自分の眉毛を活かしたナチュラルメイクな眉毛が流行になります。

 

愛子さまがお生まれになり、髪の毛もバッサリとショートヘアーにされた雅子さま。

眉毛もヘアースタイルも自然な形の美しさを表現されています。

 


出典:https://search.yahoo.co.jp

こちらは皇后陛下に即位された日の雅子さま。

平成時代が終わり令和になると、ナチュラルでまっすぐな眉毛が主流です。

 

確かに以前とくらべて太く、眉尻まで濃いメイクの眉毛になっています。

 

この眉毛の変化に「アートメイクなのでは?」とも言われていますが、それはないようです。

なぜなら、アートメイクにすると、針を入れるため当然眉毛の形はいつも一定の形になります。


出典:https://search.yahoo.co.jp

しかし、同時期の雅子さまの眉毛を見比べるとほんのわずかですが、眉頭のカーブが違っていることが確認できます。

 

考えてみれば皇后陛下でいらっしゃる雅子さまが、アートメイクをなさるはずがありませんよね。

美しさと品格を保つために、常にメイクにこだわって密かに勉強なさっているのかもしれません。

 

病気の前と後での変化

愛子さまご出産から2年後の2003年、雅子さまが体調を崩され「適応障害」という病名が発表されました。

お世継ぎの問題や宮内庁職員による「雅子さまのキャリアや人格を否定するような発言」など、様々なストレスから発症されたご病気です。

 

このご病気にかかる前は、おしゃれでファッションセンスが高いと言われていた雅子さま。

華やかさと上品さの絶妙なバランスがとても素敵でした。

 

しかし、その雅子さまの華やかな装いも病気の進行とともに拝見できなくなってしまいます。

まるで他の女性皇族よりも華やかであってはいけない、とご自身で思っていらっしゃるかのように、以前のような上品で華やかな雅子さまのお姿ではなくなってしまったのです。

もっともご公務を長く休まれていたのでそのお姿を目にする機会がグッと減ったのですが、美しく華やかな雅子さまがいらっしゃらないのは淋しいものでした。

 

また、この頃愛子さまの登校拒否や学習院初等科時代におきたいじめ問題など、雅子さまのお心は休まれる時がなく益々病状は悪化をたどります。

この頃雅子さまは愛子さまを心配するあまりご一緒に登校され授業を参観したり、3泊4日の校外実習でも同伴で参加されたりしていました。

このことが「母子密着」と揶揄され、また雅子さまは心を閉ざされてしまうのです。

 

ところが2017年になると愛子さまが学習院女子高等科に進学され、毎日を楽しくお過ごしになりはじめました。

そんな愛子さまの様子をご覧になった雅子さまは、ご自身でも少しづつ子離れをされるようになり、気持ちが和らいできたのでは?という皇室記者もいます。

 

2019年、愛子さまの自立とともに雅子さまが皇后陛下に即位される日がやってきました。

そして雅子さまのまた華やかなファッションが16年ぶりに戻ってきたのです。

長い間病に苦しみ、自分を彩ることすら足枷に感じでいらっしゃった雅子さまは、名実ともにご自分のファッションセンスを活かせるようになりました。

 

医師団の発表では「依然としてご回復の途上にあり、ご体調には波がおありです」と明かしています。

しかし、心優しい天皇陛下と二人三脚でこの病気を克服する日も近いのではないか、と願ってやみません。

 

 

世間の声


出典:https://twitter.com

 


出典:https://twitter.com

 


出典:https://twitter.com

 

まとめ

今回は雅子さまの若い頃がいかに美人で才女だったかについて、迫ってみました。

  • 若い頃から、その美しさは特別だった。
  • 父親が外交官母親はエールフランスの秘書をしていた、上流階級のお子様としてご誕生。
  • 小3からエリート小学校「雙葉小学校」にご入学。
  • アメリカの超名門大学、ハーバード大学にご入学。成績優秀な一握りの学生だけに与えられる「マグナ・クム・ラウデ優等賞」を受賞。
  • 写真週刊誌に「スーパールーキー」と紹介される外交官時代。
  • 徳仁さまの6年越しの想いを受け入れご結婚。皇太子妃雅子さまのご誕生。
  • 婚約記者会見から8年、待望の長女「敬宮愛子さま」ご出産。日本中が喜びのムードに包まれた。
  • メイクにはこだわりをお持ちのようで、時代ごとにすこしづつ仕様を変えている。
  • 「適応障害」を罹患され、少しづつご回復の道筋が見えてきた。

 

美しく聡明な雅子さまは、あまりにもお心配りが効き過ぎて我慢強くて、頭のいい方だからこそ長い時間病気で苦しんでいらっしゃいました。

全快までは、もう少し時間がかかりそうです。

でも「雅子さんのことは一生全力をかけてお守りします」のお言葉とおり天皇陛下の優しいお心と、愛おしい大切な愛子さまに包まれて、きっと克服されるはずです。

 

これからも天皇皇后両陛下がお元気で過ごされることをお祈り申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.