黒柳徹子の若い頃が美しすぎる!ノーブラのおかげか

徹子の部屋でおなじみの、黒柳徹子さん。

著書の「窓際のトットちゃん」が大ヒットし、ユニセフの親善大使やパンダの保護活動など、多方面で活躍しています。

また、新しいものが大好きで、InstagramやYouTubeなどを行ったりと、若者にも人気がありますね。

今回はそんな黒柳徹子さんの若い頃について、深く迫ってみましょう。

プロフィール


出典:https://www.google.com

  • 名前:黒柳徹子(くろやなぎてつこ)
  • 生年月日:1933年(昭和8年)8月9日
  • 出生地:東京府東京市赤坂区乃木坂(現 東京都港区乃木坂)
  • 血液型:A型
  • 職業:女優・タレント・声優・司会者・エッセイスト
  • 配偶者:なし(未婚)
  • 家族:父・黒柳守綱(ヴァイオリニスト) 母・黒柳朝(エッセイスト) 弟・黒柳紀明(ヴァイオリニスト) 妹・黒柳眞理(元バレリーナ、エッセイスト、美容師)
  • 愛称:トットちゃん・チャック

黒柳さんが生まれる前、両親は男の子が生まれると思い、「徹」という名前をつけようと考えていたそうです。

しかし、女の子が生まれたため、やむを得ず「子」を付けて、「徹子」になったそうです。

 

若い頃が美しすぎる

今現在も、年齢を感じさせない美しさがありますが、若い頃はもっと美しかったようです。

そんな黒柳さんの若い頃を見ていきましょう。

 

問題児だった学生時代


出典:https://www.google.com

黒柳徹子さんは、幼少期に問題児扱いされていました。

教室のふたが珍しく、授業中に何度もパタパタ開け閉めしたり、窓際でチンドン屋さんを呼び込んだりと、授業に集中できなかったそうです。

そのため先生から迷惑がられ、小学校1年生の時に学校を退学させられています。

 

しかし、その後転校した「トモエ学園」では、のびのびと小学校生活が送れるようになります。

転校初日に、校長先生が「なんでも話してごらん」と言ったので、1年生だった黒柳さんは4時間もしゃべり通したそうです。

黒柳さんが話している間、校長先生は話を遮ることなく最後まで話を聞いてくれました。

黒柳さんは、後に自身が発達障害であることを公表しています。

 

校長先生から、毎日「君は本当はいい子なんだよ」と言われ、のびのび育った黒柳さん。

問題児扱いされ、転校していなければ、今の黒柳さんはいなかったかもしれませんね。

 

テレビ女優第1号として活動開始


出典:https://www.google.com

黒柳徹子さんは、1953年NHK放送劇団の一員になり、テレビ女優第1号としてデビューしました。

NHK放送劇団5期生で、約6000人の応募者の中から6次審査を経て13人の劇団員の1人として選ばれています。

 

1954年には、ラジオドラマ「ヤン坊ニン坊トン坊」で自身初の主演を務めます。

その後は、子ども向け番組で様々なキャラクターの声を演じるなど、週6、7本のレギュラー番組を抱えるなど、多忙を極めるようになりました。

 

1958年には、「第9回NHK紅白歌合戦」の司会を務めます。

その後1980年から4回連続で紅白歌合戦の司会を務め、2015年にも総合司会を務めます。

紅白歌合戦では、合計6度の司会を務め、NHKアナウンサー以外の女性では最多となっています。

また、舞台女優としても活躍し、毎日芸術賞や読売演劇大賞の主演女優賞も受賞しています。

 

ニューヨークへ留学


出典:https://www.google.com

黒柳徹子さんは、1971年9月から1年間、ニューヨークに留学しています。

ニューヨークでは、ワンルームに暮らしながら演劇学校で演技の勉強や、ダンススクールでダンスの勉強をしていたそうです。

 

また、その当時、着物を着て社交の場に行っていたことから、「着物と洋服、どちらにも似合う髪形を開発したい」と、トレードマークの『タマネギヘア』が生まれたそうです。

 

『徹子の部屋』の司会に抜擢


出典:https://www.google.com

1976年には、『徹子の部屋』の司会に抜擢されます。

徹子の部屋は、2022年現在、放送47年目、放送回数は11000回以上でギネス記録「同一の司会者による番組の最多放送回数世界記録」に認定されています。

毎回色々なゲストが登場し、黒柳さんとの絶妙なトークが楽しい番組ですね。

 

 

レアな画像

Instagramでたくさんの投稿をしている黒柳徹子さん。

その中で、なかなか見ることができない黒柳さんの姿を見つけました。

早速見ていきましょう。

 

ロングヘアー


出典:https://www.google.com

こちらは、「30代半ばに、一瞬やってみた髪型」として、Instagramに投稿されたロングヘアーです。

タマネギヘアとは印象が変わり、とても美しいですね。

端正なお顔が、なんだか小悪魔的な感じでもあります。

 

黒猫のコスプレ


出典:https://www.google.com

こちらは、2019年のハロウィンの日にInstagramに投稿された黒猫のコスプレ姿です。

オードリーヘップバーンにも似ていると話題になり、「いいね!」が4万以上もついたそうです。

とても素敵ですね。

 

若い頃のモテモテなエピソード

とても素敵な黒柳徹子さん。

若い頃はモテモテだったそうです。

モテモテなエピソードを見ていきましょう。

 

アラン・ドロンに口説かれた


出典:https://www.google.com

黒柳徹子さんは、なんとアラン・ドロンに口説かれていたそうです。

「世紀の美男子」と呼ばれた、フランスの俳優、アラン・ドロンさん。

 

1964年、当時黒柳さんが司会を務めていたNHKの「夢で逢いましょう」にアラン・ドロンさんが出演しました。

黒柳さんが挨拶するなり、アランは「テツコ、なんて美しいんだ」と手にキスをし、口説き始めたそうです。

黒柳さんに愛をささやくという設定のコントだったのですが、アランは黒柳さんに一目ぼれ。

番組収録後に行った赤坂のナイトクラブでも、本気で口説かれたそうです。

しかし、黒柳さんは、「タイプじゃなかった」と語っています。

 

40年間、ワイセンベルグと交際していた


出典:https://www.google.com

黒柳さんは、40年間、ワイセンベルグと交際していました。

2017年放送の「一周廻って知らない話」で過去に40年間交際した恋人がいると告白しています。

相手の名前は言っていませんでしたが、その相手はアレクシス・ワイセンベルグだと噂されています。

 

ワイセンベルグはブルガリア出身のピアニストで、ニューヨークフィルハーモニーと共演するなど活躍していました。

黒柳さんがニューヨークに留学していた38歳の時に知り合ったそうで、ワイセンベルグから「一緒にパリに来てくれないか」と言われたそうです。

仕事を辞める決断が出来なかった黒柳さんは、遠距離恋愛をすることになりました。

帰国後は、年に1、2回会いに行き、遠距離恋愛を続けてきましたが、ワイセンベルグが2012年に亡くなり、終わりを迎えたそうです。

 

黒柳さんは、「良い恋愛をすると、別れても、その人が死んでも、いつまでも生きていくことができる」と語っています。

40年もの遠距離恋愛でしたが、とても良い恋だったんですね。

 

 

若い頃からやっている美容法

今でも美しさを保っている黒柳徹子さん

若い頃からやっている美容法があるそうです。

どんな美容法なのか見ていきましょう。

 

ノーブラ

2015年フジテレビで放送された「ヨルタモリ」で、普段、ノーブラで過ごしていることを告白しています。

「徹子さんはノーブラって本当ですか?」と聞かれ、「大体いつもノーブラです」と、あっさりと返答。

黒柳さんは、就寝時に下着を着けること自体に抵抗があるようで、「寝るときのパンティっていうのは、あぁいうの、絶対イヤよ。」と語っています。

ちなみに、タモリさんも、「おれも(パンツは)はかないな。」とのこと。

一緒に出演していた宮沢りえさんも、「私もはかないですね。」と同調していたそうです。

 

睡眠法「二度寝」

黒柳さんは、雑誌『domani』で、驚きの睡眠法「二度寝」を明かしています。

それは、「夜11時過ぎに、顔も洗わずに洋服だけ脱いでそのまま寝る。

3時間ほどで一度目が覚めるから、原稿書きなどの仕事をして、朝方にメークを落としてお風呂に入って、また寝る」というものです。

 

二度寝には良くないイメージがありますが、年を重ねると眠りが浅くなり、長時間眠ることがストレスになることもあるとか。

そのため、黒柳さんのような高齢者には、二度寝は理に適っているそうです。

 

ヒンズースクワット


出典:https://www.google.com

黒柳徹子さんは、『徹子の部屋』でジャイアント馬場さんに伝授してもらったヒンズースクワットを毎日続けているそうです。

「それを毎日50回続けたら、100歳まで舞台に出られますよと馬場さんがおっしゃったから、その日から今日まで私、1日も休んだことはないんです」とのこと。

 

いやいや。徹子さん。50回スクワットするだけでも辛いですよ!

それを毎日欠かさず20年以上…お元気なはずです!

 

 

世間の声


出典:https://twitter.com

 


出典:https://twitter.com

 


出典:https://twitter.com

 

まとめ

今回は黒柳徹子さんの若い頃について迫ってみました。

まとめると下記になります。

  • 幼少期には問題児扱いされていた
  • 1953年、テレビ女優第1号としてデビューしていた
  • 1971年からニューヨークに留学していた
  • 1976年に『徹子の部屋』の司会に抜擢された
  • 30代半ばに一度やったロングヘアーが美しすぎた
  • Instagramにアップした黒猫のコスプレが素敵すぎた
  • アラン・ドロンに口説かれた
  • 40年間、ワイセンベルグと遠距離恋愛していた
  • 普段はノーブラで過ごしている
  • 睡眠法は「二度寝」
  • ヒンズースクワットを20年以上続けている

 

現在も多方面で活躍している黒柳徹子さん。

これからも元気な姿を見せ続けてくれることを期待しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.