小泉純一郎の家系図で判明したエスエス製薬との繋がり

第87代~89代内閣総理大臣の小泉純一郎氏。

厚生大臣や農林水産大臣を経て、総理大臣まで上り詰め、政治家として大成功を収めています。

郵政民営化や安倍晋三氏に次ぐ長期政権でも有名ですね。

 

2人の息子が活躍しているのはご存じの通りですが、小泉純一郎氏の祖父や父も政治家として活躍していました。

また、元妻もエスエス製薬の元会長の孫ということで、一族みんなが華々しい経歴のようです。

それでは、詳しく掘り下げてみましょう。

家系図


出典:https://www.google.co.jp

華々しい肩書を持った人がたくさんいるのが分かると思います。

どんな活躍をした人たちなのか、順番に見ていきましょう。

 

優秀な祖先

小泉純一郎氏の父は、小泉純也。

小泉純一郎氏の祖父は小泉又次郎。

ともに政治家として、活躍していました。

父も祖父も政治家として活躍していたとは、かなり優秀な家系ですよね。

それでは、詳しく見ていきましょう。

 

祖父:小泉又次郎


出典:https://www.google.co.jp

小泉純一郎氏の祖父である小泉又次郎は、横須賀市長や逓信省(かつて日本に存在した、通信や郵便を管轄する省庁)の大臣、衆議院副議長を歴任した人物です。

 

現在の神奈川県横浜市で、とび職人の次男として生まれます。

のちに横須賀に移り住み、少年時代を横須賀で過ごしました。

 

小学校の教員をしていましたが、兄の急死により、父の後を継いでとび職人になったそうです。

とび職人になることを決意した証に、全身に入れ墨を彫ったのです。

 

その後は横須賀市長、神奈川県会議員を経て衆議院議員になります。

そして衆議院副議長、立憲民政党幹事長を務め、逓信大臣にまで上り詰めました。

 

全身に入れ墨があったことから、入れ墨大臣と呼ばれていたそうです。

 

 

父:小泉純也


出典:http://www.google.co.jp

小泉純一郎氏の父である小泉純也も政治家で、議院議員、防衛庁長官を務めました。

 

小泉純也は鹿児島県の漁師、鮫島家に生まれました。

家は貧しく、小学校卒業後には働きに出ていたそうです。

その後、働きながら日本大学法学部政治学科の夜学に通い、立憲民政党の職員になりました。

 

立憲民政党の幹事長だった又次郎の娘、芳江と出会い、2人は恋に落ちます。

ところが、小泉又次郎は大反対。

駆け落ちしてしまった娘に対し、又次郎は「帰ってこい」と、新聞広告まで出したそうです。

 

結局、小泉又次郎が折れる形で2人の結婚を認めることとなりました。

入れ墨大臣も愛娘の恋心には敵わなかったようですね。

自分の上司の娘と駆け落ちなんて、実に大胆です。

 

鮫島姓のときには「すみや」と名乗っていましたが、結婚して小泉姓になったときに「じゅんや」に変えたそうです。

 

政治家としては、1952年に小泉又次郎の後継者として衆議院議員になり、その後は防衛庁長官にまでなっています。

 

ちなみに下記の人物の家系図もすごすぎます。

吉田茂の家系図にまさかの人物の名前が複数あった!

気になる方はチェックしてみてください。

 

妻:宮本佳代子


出典:https://www.google.co.jp

小泉純一郎氏の元妻宮本佳代子さんは、エスエス製薬元会長・泰道照山のお孫さんです。

 

佳代子さんが大学4年生の時に小泉純一郎氏とお見合いし、その当日にプロポーズされたそうです。

1978年に結婚し、2人の息子を出産しましたが、3人目を妊娠中の1982年に離婚。

翌年に3人目を出産後、出産後半年程で三井不動産のグループ会社に入社。

わずか1か月の猛勉強で、宅地建物取引主任者(現在の宅地建物取引士)に合格しました。

その後は不動産業界でキャリアを積み重ねてきたそうです。

 

現在は三井不動産を退職し、上席アドバイザーとして講演活動なども行っています。

 

当時シングルマザーとして働きながら子育てをするのは、本当に大変だったと思います。

しかしながら、ここまでキャリアを積み重ねたのは、相当な努力と頑張りがあったんでしょうね。

 

 

イケメンな息子

長男小泉孝太郎さんは俳優として、次男小泉進次郎さんは政治家として、2人とも現在活躍されています。

2人ともお父様に似てイケメンですね。

お母様の宮本佳代子さんによると、小泉孝太郎さんは「目が大きく1番母親似」、宮本佳長さんは「目が細くて1番父親似」。小泉進次郎さんは「ちょうど中間の顔」だそうです。

それでは詳しく見てみましょう。

 

小泉進次郎


出典:https://www.google.co.jp

小泉純一郎氏の次男である小泉進次郎さんは、父と同じ政治家の道に進み、環境大臣として活躍しています。

2019年にフリーアナウンサーの滝川クリステルさんと結婚したことでも話題になりましたね。

 

産まれて間もなく両親が離婚しているため、小泉純一郎氏の実姉である道子さんを母親と信じ中学生まで過ごしていたそうです。

関東学院大学経済学部経営学科を卒業後、コロンビア大学に入学。

小泉純一郎氏は政界引退を表明して、後継者として小泉進次郎さんが指名されました。

 

衆議院議員になってからは、戦後最年小の38歳で環境大臣に入閣しています。

曾祖父の小泉又次郎から4代続いて政治家、しかも全員が大臣経験者とは、すごいですね。

 

小泉孝太郎


出典:https://www.google.co.jp

小泉純一郎氏の長男である小泉孝太郎さん。

2002年に、テレビドラマ「初体験」で俳優デビュー

その後はテレビドラマや映画、バラエティー番組等でも活躍しています。

 

高校時代は野球部に所属し、甲子園を目指していました。

しかし、3年生の地方大会で腰を痛めてしまい、野球の道を断念したそうです。

父小泉純一郎氏に、政治家への道を反対され、俳優を志すことになりました。

大学中退後にオーディションに応募するも、身長が180㎝に満たなかったため落選してしまったそうです。

しかし、2001年に小泉純一郎氏が首相になると、複数の芸能事務所から声がかかり、芸能界入りが決定しました。

 

まさに親の七光りですが、現在では大河ドラマやオリンピックのメインキャスターそして、CMでも活躍していますね。

 

宮本佳長

小泉純一郎氏の三男である宮本佳長(みやもとよしなが)さん。

一般人のため、あまり情報はありませんが、お母様の宮本佳代子さんと同じく三井不動産にお勤めのようです。

 

父である純一郎氏とは一度も会わずに大人になりました。

母宮本佳代子さんからは「父親が有名でもあなたとは関係ない。あなたの母親はサラリーマンだから、勘違いしないで生きていきなさい。」

と言い聞かされ育ったそうです。

 

しかし、小泉純一郎氏が政界を引退した後、兄である小泉孝太郎さん、小泉進次郎さんと連絡を取り合うようになり、その後、父小泉純一郎氏も含め、4人での食事会が実現したとのことです。

 

 

世間の声


出典:http://twitter.com

 


出典:http://twitter.com

 


出典:http://twitter.com

 

まとめ

今回は、小泉純一郎氏の一族、華々しい肩書をもった皆さんについて紹介しました。

  • 祖父である小泉又次郎は、横須賀市長、逓信大臣として活躍した政治家だった
  • 父である小泉純也は、衆議院議員、防衛長官も務めた政治家だった
  • 元妻である宮本佳代子さんは、エスエス製薬の元会長の孫だった
  • 次男である小泉進次郎さんは、環境大臣として活躍している
  • 長男である小泉孝太郎さんは、俳優、タレントとして活躍している
  • 三男である小泉佳長さんは、三井不動産にお勤めの一般人

 

小泉純一郎氏本人も政治家として大成功しましたが、一族みんなが活躍していましたね。

今後も息子さん3人、その孫までも活躍してくれることを期待しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.