石破茂と嫁・石破佳子の夫婦仲が良すぎて羨ましすぎる!

国民から人気のある政治家、石破茂さん。

実は、愛妻家を特集するテレビ番組に出演するほど夫婦仲が良い、というのはご存知でしたか?

石破茂さんと奥様について調べてみたところ、羨ましくなるほどのおしどり夫婦であることが発覚したのです。

そのエピソードをまとめてみました。

プロフィール


出典:https://www.news-postseven.com/ 

まずは奥様のプロフィールをご覧ください。

  • 名前:石破 佳子 (いしば よしこ) ※旧姓:中村
  • 生年:1957年生まれ
  • 出身地:東京
  • 学歴:女子学院→慶應義塾大学法学部
  • 就職先:丸紅株式会社
  • 父親:中村 明 (昭和電工元取締役)

 

プロフィールを見ただけでも、奥様の石破佳子さんが非常に優秀であることが窺い知れます。

 

慶應義塾大学法学部は、偏差値70の難関校です。

卒業後は超大手商社の丸紅株式会社に就職しました。

 

キャンディーズのミキちゃんに激似

実は石破茂さんは、重度のアイドルオタクです。

特に、世代ど真ん中であったキャンディーズに関しては、ファンクラブに入りバスツアーにも参加したことがあるのだとか。

中でも特にミキちゃんこと藤村美樹さんの大ファンだったそうです。

 


 出典:https://twitter.com/

 

ミキちゃん、美人ですね。

ここでもう1枚写真をご紹介します。


出典:https://www.google.com/

こちらは、石破佳子さんの若い頃の写真です。

 

スッと通った鼻や輪郭がどことなく似ているように見えます。

画質が荒くハッキリとは見えませんが、同系統の美人である、ということは間違いないでしょう。

 

お嬢様学校に通っていた

慶應義塾大学に進学する前、石破佳子さんは女子学院に通っていました。

女子学院は東京で『女子御三家』と言われており、女子校の最高峰のひとつと言えます。

その偏差値は70〜76で、東京大学を始め、慶應義塾大学や早稲田大学などの難関大学に、毎年多数の生徒を輩出しています。

 

父は昭和電工の元取締役

石破佳子さんの父親は、昭和電工の取締役を務めていた中村明さんです。

昭和電工は東京電力の兄弟企業ですから、もちろん大企業です。

つまり、石破佳子さんは大企業の社長令嬢ということになります。

 

ちなみに中村明さんは、結婚を迷っていた石破佳子さんに「結婚相手を『職業』で選ぶのか、『人物』で選ぶのか」というアドバイスをしています。

取締役ですから、人を見る目があったのでしょう。

 

 

馴れ初めから結婚までの流れ

大学時代に出会った石破茂さんと石破佳子さん。

実は2人が結婚にたどり着くまで、決して順調とは言えませんでした。

その流れを紐解いていきましょう。

 

始まりは石破茂の一目惚れ

「世の中にこんなに綺麗な人がいるのか?」

石破茂さんが石破佳子さんに初めて出会った時、そう思ったのだそうです。

 

その瞬間のことを鮮明に思い出せるくらい衝撃を受けた石破茂さんは、大学に通いながら親交を深めていきました。

 

卒業式の日に告白したが玉砕

石破茂が卒業式の日に一世一代の告白をしたものの、石破佳子さんは交際を断りました。

理由は、自分と結婚をするために、やりたいことを諦めたように見えたから」だそうです。

 

当時の日本社会はまだ女性への門戸が狭く、男性は何にでも挑戦できるということが羨ましい、という気持ちがありました。

そのため、受け入れることができなかったのです。

 

ちなみに、石破茂さんは後に、「生きる希望を失った」と言っています。

 

石破二郎の死がきっかけで交際スタート

大学卒業後に袂を分かった2人ですが、数年後にまた連絡を取り合う関係になりました。

きっかけは、石破茂さんの父、石破二郎さんが亡くなり、その際に石破佳子さんが弔電を送ったことです。

 

一度は振られてしまったものの、まだ諦めていなかった石破茂さんはそれから何度か連絡を取り合い、ついに交際を始めることができました。

 

結婚式には田中角栄が出席した


出典:https://diamond.jp/

実は、石破茂さんが政治家になったのは、田中角栄さんに「政治家になれ」と言われたことがきっかけでした。

田中角栄さんは石破茂さんの父、石破二朗さんと無二の親友だったのです。

 

そういった関係だったため、田中角栄さんは石破茂さんと石破佳子さんの結婚式に、主賓として招待されました。

スピーチでは、ユーモアを効かせた一言で会場を大いに盛り上げたそうです。

 

 

夫婦仲が良好すぎるエピソード

石破茂さんと石破佳子さん夫妻には仲の良いエピソードが多数ありますが、そのうちの2つをご紹介します。

 

記念日の贈り物

石破茂さんは、結婚記念日と石破佳子さんの誕生日には毎年必ずプレゼントを贈ります。

それは、総裁選挙直前の多忙な時期でも欠かさなかったそうです。

 

ただ、さすがに選ぶ時間が取れずに、お団子を買って帰ったそうです。

石破佳子さんはそれを「心がこもっているのが一番」と喜びました。

 

1日1回の電話


出典:https://www.ishiba.com/

 

石破佳子さんが地元にいる時、石破茂さんは必ず1日1回以上、電話でお話をするそうです。

夫婦関係が長くなるとつい忘れがちになってしまう「ありがとう」や「すまないね」という言葉も、意識して伝えているのだとか。

 

うっかり言い方を間違えて「心がこもってない」と叱られることもあるそうですが、こうしてはっきり物事を言える、というのも夫婦円満である証拠ですね。

 

子供たちが優秀すぎる

石破茂さんと石破佳子さんの間には、2人の娘さんが生まれました。

その2人も、両親に似て非常に優秀に育ちました。

 

長女は東京電力に入社

長女は母親の石破佳子さんと同じ女子学院に入り、難関大学の早稲田大学経済学部に進学しました。

卒業後はこれもまた大企業の東京電力に就職しました。

 

次女はエーザイに入社した噂

次女は豊島岡女子学園から東京理科大学に進学しました。

ちなみに、豊島岡女子学園は東京女子御三家に並ぶほどの進学校です。

 

大学卒業後の進路は分かっていないのですが、薬剤師としてエーザイに就職したのでは?と言われています。

 

 

世間の声

 

出典:https://twitter.com/

 


出典:https://twitter.com/

 


出典:https://twitter.com/

 

まとめ

今回は、石破茂さんと石破佳子さん夫婦の仲が良すぎるエピソードをまとめてみました。

  • 藤村美樹さんの大ファンの石破茂さんは、ミキちゃん似の石破佳子さんに一目惚れした
  • 石破佳子さんは女子学院から慶應義塾大学法学部に進学した才女
  • 石破茂さんは大学卒業時に告白したものの、一度振られた
  • 結婚式には田中角栄元総理大臣がスピーチをしていた
  • 石破茂さんは結婚記念日のプレゼントを総裁選挙直前にも欠かさなかった
  • 2人の娘さんもそれぞれ難関大学から大企業に就職している

 

結婚してから35年以上経っても仲の良い夫婦、羨ましい限りです。

石破茂さんが政治家として長年活躍しているのも、奥様の支えが大きいのでしょう。

今後も二人三脚で日本の政治を支えてくれることに期待しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.