井伊直弼の子孫は現在でも彦根市に大貢献している事実!

今回は井伊直弼の子孫についてまとめてみました。

思った以上に井伊直弼の子孫は現在でも大活躍していることが分かりましたので、詳細をご紹介します。

家系図


出典:Google検索

井伊共保という井戸の中から出生した伝説の人物から、井伊家の家系図は始まっています。

歴史上の人物として特に有名な井伊直弼は、⑬(家系図左下)です。

 

井伊直弼の子孫まとめ

井伊直弼の子孫たちは、昔から彦根という地域(現在の滋賀県)に対して貢献をしてきました。

その中でも特に貢献度が高い子孫をピックアップしてご紹介します。

 

ひ孫の井伊直愛は彦根市の市長だった


出典:Google検索

井伊直弼のひ孫である井伊直愛は、36年もの長い期間を彦根市長として務めました。

長く市長として仕事をされていたため、在任中は『殿様市長』と呼ばれていました。

彦根市にとって偉大な人物であることは間違いないですよね。

 

学歴としては、東京帝国大学農学部出身です。

アミ類(小型甲殻類)を専門に研究をしており、50種もの新種を見つけたという功績を残しております。

その実績もあり、下記のような職歴があります。

・文部省資源科学研究所
・滋賀県水産試験場
・滋賀大学経済学部講師

 

つまり、井伊直愛は、水産学にも彦根市にも大きな貢献をした人物だったのです。

日本の開国や近代化に貢献した祖父の井伊直弼に、引けを取らないほどの活躍だったのではないでしょうか。

 

井伊家18代当主・井伊直岳はひこにゃんFC会長


出典:https://twitter.com

井伊家の18代当主として現在活躍しているのが、井伊直岳さんです。

本名は井伊岳夫と言うそうですが、井伊家の当主としては井伊直岳と名乗っているとのこと。

 

現在の仕事は下記の通りです。

・市職員として彦根市教育委員会に勤務
・彦根城博物館館長(2008年〜)
・ひこにゃん公式ファンクラブ会長(2019年〜)

 

ファンクラブ会長としては、無償で務めることが発表されていました。

これらの仕事から分かるのが、井伊直岳さんは彦根市の発展に尽力している素晴らしい人物であるということです。

 

井伊基之はNTTドコモの現役社長


出典:https://www.nttdocomo.co.jp

井伊家の末裔である井伊基之さんは、現在NTTドコモの社長として活躍されています。

慶應義塾大学卒業後に、日本電信電話公社に入社し、今もなおNTTグループでお仕事をされています。

 

井伊基之さんが今まで関わった会社は下記の通りです。

・日本電信電話公社
・日本電信電話
・エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ
・東日本電信電話
・NTTアノードエナジー(代表取締役社長)
・NTTドコモ(代表取締役社長)

 

入社から現在まで一貫してNTTグループに所属していることが分かると思います。

今では代表取締役社長という最も高いポジションに就き、経歴が右肩上がりで本当に素晴らしいですよね。

 

世間の声


出典:https://twitter.com

 


出典:https://twitter.com

 


出典:https://twitter.com

 

まとめ

今回は井伊直弼の子孫をまとめて紹介しました。

・ひ孫の井伊直愛は36年間、彦根市長として活躍した
・井伊家18代当主、井伊直岳さんは市職員やひこにゃんファンクラブ会長として現在でも彦根市に貢献中
・井伊家の末裔である井伊基之さんは、NTTドコモの社長として現在活躍中

 

井伊家は、はるか昔から現在までも、ずっと彦根という地域に貢献し続けていることがよく分かりました。

これからも井伊家の活躍に期待したいですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.