たれぞうが現在、行方不明なのは悲しい置き去り事件が原因なのか?

食品レビューをアップするYouTuberとして活躍していた、たれぞう。

関西弁で独特な表現やしゃべり口調で、美味しいを「OC(おーしー)」と発音するなど彼のオリジナリティに溢れYouTube登録者数1,310人と人気を博していました。

YouTube登録者数1,310人と人気であったのですが、2013年11月の動画投稿を最後に行方不明となっています。

現在も、動画の更新はされないままです。

今回は人気絶頂にあった、たれぞう行方不明の真相に迫っていきたいと思います。

行方不明になった経緯

2013年11月の動画配信を最後に、配信停止その後行方不明になったと言われています。

行方不明の原因に対して、様々な噂があることも事実です。

その真相に迫っていきたいと思います。

 

きっかけはオフ会置き去り事件


出典:https://youtu.be

たれぞうが行方不明になったきっかけは、オフ会の時に置き去りにされたからではないかとささやかれています。

実際に「たれぞう」と検索すると、【オフ会置き去り事件】とすぐに出てくるほど知られている事件です。

 

当時中学生YouTuberによるオフ会が開かれたのは、行方不明となる1年以上前の2012年8月18日でした。

参加したメンバーの一人が、オフ会の様子をYouTubeにアップしています。

※オフ会とは、ネット上に知り合った人たちがオフ会という場で初めて会う場。

 

当時のオフ会は、中学生YouTuberはじめ小中学生や高校生の中に大人(たれぞう)が一人という状況でした。

年齢差のある集まりで、結果的にたれぞうがUFOキャッチャーをしている最中に置き去りにされたり、家電量販店のトイレに置き去りにされたとも言われています。

置き去りにされた本人は、しょんぼりしていたそう。

この件が【たれぞう置き去り事件】として広く知られることになりました。

 

ただし、たれぞうが一方的に置き去りにされたわけではないようです。

中学生YouTuberに対して、たれぞうの方が一方的に好意を抱いており中学生YouTuberのコメント欄に「キスがしたい」と書き込みがあったとされています。

 

子供の視点で考えた時に、中年男性のたれぞうから「キスがしたい」と一方的な書き込みがされ、たれぞうが実際オフ会に参加した状況が当時中学生YouTuberにとっては怖かったのでしょう。

オフ会にて、中学生YouTuberがたれぞうを置き去りというより、たれぞうを振り切って逃げたと考えられます。

 

2013年以降、YouTube更新停止

2013年突如として、YouTubeの更新が停止されました。

停止の理由は、下記の通りです。

  • 2012年の置き去り事件
  • オフ会の件を中学生YouTuberがSkypeで謝罪した際に、「母から言われ仕事先を探している」と就職活動をしている内容の話をした
  • オフ会に参加したたれぞうが脅された
  • 有名YouTuberに悪口を書かれた

様々な憶測があるようです。

 

死亡説もあり


出典:https://twitter.com

2013年11月の動画の配信停止後、人気YouTuberたれぞうの目撃情報や痕跡がないことから、一部のファンから死亡説が出たと思われます。

この死亡説に関しては、何を調査しても死亡に至る詳細が無いことから、出どころ不明の噂でしょう。

 

自称「たれぞうの妹」現る


出典:https://youtu.be

たれぞうの実の妹ではないが、ふくよかな体格と外見から「たれぞうの妹」としてニコニコ動画に転載されたことから注目を浴びていた人物がいました。

その人物とは、作曲家(自称)で関奈津子とも名乗り、愛称は「たれぞう妹」や「きもなつ」などとして活動していた一方で、糖尿病があり精神障害から無職であると動画に投稿したこともあります。

 

無職であることから、収入を目的にYouTube配信を始めますが、思ったように収入を得られなかったのでしょう。

2016年には、社会復帰目指して作業所に通うことを明かしています。

 

その後も、動画投稿を続けたが持病が悪化。

2017年12月に、目が見えなくなったと動画投稿され呂律が回っていない状態から、彼女の体調を心配する声も上がったようです。

この動画を最後に、配信停止となっています。


出典:https://www.facebook.com

「別れて暮らす娘関奈津子が永眠しました。」と2018年1月20日、実の父である関節夫さんが自身のFacebookに投稿し自称「たれぞうの妹」である関奈津子さんが死亡したことを明かしました。

死因は膠原病によるものと思われ、最期は穏やかな死とも書かれていました。

 

 

妻子を事故で亡くした噂

たれぞうに斜視があることや個性的なキャラクターがあることは、元々事故による後遺症なのではないかという噂があります。

その事故も、たれぞうが植物状態になるほどの大事故だったとか。

それだけの大事故だったのであれば、妻子がその事故で死亡し、動画に偶然入り込んでしまった実母はたれぞうの妻子が亡くなった後に移り住んだとも言われています。

 

たれぞう過去の最盛期


出典:https://youtu.be

たれぞう過去の最盛期は、動画投稿停止した後だと考えられます。

2012年8月「置き去り事件」となった当時小中学生のオフ会の様子が話題となり、2チャンネルなどで最初の最盛期を迎えていました。

 

その2年後、2014年にニコニコ動画で、たれぞうに本編として多くの動画が転載されたことから再び最盛期を迎えたとされています。

 

たれぞうに関するニコニコ動画やYouTubeチャンネルが複数存在し、現在は本当のチャンネルが分かりませんが、バナナを食べるだけの動画は、140万回再生に上りました。

たれぞうのバナナを食べる姿が、「きもかわいい」や「きもいけど憎めない」等と彼自身のオリジナリティ溢れる表現や飾らない姿が人気の要因になったのでしょう。

 

このように活動内容は、身近な食品中心に果物やジュースなどの飲料品の食品パッケージに記載されている食品成分表を読み上げ、実際に食べた感想を発信する食品レビュー動画を投稿するものでした。

 

関西弁で早口、話す途中で何度も言葉をかむ独特の喋りと、美味しいを「OCおーしー」や食べた食品に対してZEUSアイスメンソールガムを「ゼウスアースメンストールガム」と発音したことで「ゼウス」と言われることもありますが、たれぞうにとっては自然体だったのでしょう。

 

現在も、YouTube動画は再生回数を伸ばしています。

それだけ、たれぞうがインパクトのある存在だということが、うかがえますよね。

 

最盛期の140万回再生を機に、いくつもの動画再生回数が万を超えているたれぞうですが、これだけ多くの再生回数で一体どのくらの収益があるか、気になりませんか?

 

一番再生回数の多かった、140万再生回数で計算してみましょう。

YouTubeは収益の公表を禁止している為、正確な収益額は分かりませんが1再生で広告収益0.1~0.3円と言われていますので、1番再生回数の多かった140万×0.1~0.3=140,000~420,000円の収益と考えられます。

 

1回の再生回数単価がに、0.1~0.3円と差があるのは有名YouTuberと一般のYouTuberとの違いだと言われています。

食品レビュー動画投稿で140,000~420,000円の収益を得られるのは、たれぞうだからこそかもしれません。

 

 

世間の声


出典:https://twitter.com

 

出典:https://twitter.com

 


出典:https://twitter.com

 

まとめ

今回、たれぞうが現在、行方不明なのは悲しい置き去り事件が原因かに迫りました。

以下にまとめます。

  • たれぞう置き去り事件は、動画配信停止の1年前の出来事
  • 置き去り事件の背景には、当時中学生YouTuberに対して、たれぞうが一方的に好意を抱きYouTubeコメント欄に「キスがしたい」と書き込みをした
  • 動画配信停止の理由は、2012年の置き去り事件・就職活動・有名YouTuberに悪口を言われた等様々な憶測がある
  • たれぞう人気は、動画配信停止後の出来事
  • 自称たれぞうの妹は、たれぞうと容姿が似た人物で、実の妹ではない
  • たれぞうが妻子を事故で亡くした噂やたれぞう本人の死亡説は、事に対する詳細な情報が無い為事実ではない可能性が高い

 

以上のことから、たれぞうが行方不明になった原因が悲しい置き去り事件かどうかは、ハッキリしません。

「悲しい置き去り事件」に対して、置き去りにされたたれぞうに同情の声が多くありました。

 

しかし、よくよく置き去りまでの経緯を調べると当時中学生のオフ会主催者へ一方的な好意を抱いたことによる書き込みがあったことで、子供だった主催者には恐怖でしかなかったとの見方もできます。

オフ会という、互いをよく知らない間柄のネット上の仲間が現実社会で顔を合わせるような状況はネット社会が生み出した、誰にでも起こりうる闇のようにも感じられてなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.